ドクター

躁鬱病と呼ばれていた双極性障害|深刻なストレスに立ち向かおう

気分障害を治す方法

病院

うつ病の種類

うつ病には大うつ病や微笑うつ病など複数の種類が存在していますが、双極性障害もうつ病の一種です。うつ病の中でも代表的な大うつ病は抑うつ症状の発症が大きな特徴ですが、双極性障害は患者さんが躁状態にも至る点で特徴的です。大うつ病に罹った場合人は人との関わりを避けるようになったり、人生に対して臆病になりがちです。しかし双極性障害が発症した場合、躁状態の時は人との関わりを積極的に求めるケースも少なくありません。しかし双極性障害によって躁状態になった場合、コミュニケーションが活発になる代わりにコントロールが利かなくなることが多いのです。人と関わっても喧嘩してしまったり、計画性なく借金をしてしまう場合もあります。躁鬱状態を繰り返すことから双極性障害はうつ病だと認知し辛く、病院に足を運ぶことが遅れてしまう患者さんも存在しています。対人関係でトラブルが起きるようになったり自身の精神状態をコントロールできないと感じた場合は病院に足を運んでみましょう。双極性障害になった場合は早期に病院で治療を受けることが大切です。こうした病気の治療は精神病院や心療内科など他のうつ病治療を受ける病院と同じ場所で行ってもらうことができます。双極性障害の発病原因は大うつ病と近似していることが多く、ストレスやプレッシャーなどの環境要因によって発症する方が少なくありません。躁状態に至る前にうつ状態が現れるのが一般的ですから、長期に渡る抑うつ症状に悩まされた場合は病院を頼ってみましょう。

医師と二人三脚

双極性障害は気分障害ですから、病院で適切な治療を受けることが大切です。精神状態の変化が主たる症状であるため個人の努力で治そうと考える方もおられますが、大変危険です。一度こうした気分障害を発病した場合、精神論だけでは状態を好転させるのが難しいものなのです。双極性障害に伴って薬を飲むのが不安な場合、あまり大量の薬を処方しない医師の下へ足を運ぶと良いでしょう。治療方針は医師によって異なりますし、服薬する上で日常的に何を気を付ければ良いのかと言ったポイントをきちんと説明してくれる医師は安心です。一般的にこうした気分障害の治療において、一度に大量の薬を処方する医師は避けた方が良いと言われていますので注意しましょう。薬は病状に合わせて量を調整するものですし、双極性障害の治療はカウンセリングも重要です。患者さんがどのような状態に置かれているのか定期的に問診してくれる病院は信頼できます。双極性障害を発症するに至った明確な原因があり、そのPTSDなどを克服したい場合はカウンセラーが在籍している病院に足を運ぶと良いでしょう。病気を発病した方の中には人には話せないストレスを抱えている方もおられますが、カウンセラーであれば問題を誰にも口外しませんので安心です。カウンセリングを受ければ一人悩んでいた問題に整理をつけられるのです。また病院を探す際は医師と自分自身の相性を考えると良いでしょう。双極性障害を治療するためには自身のプライベートな問題を打ち明けなければいけませんので、話しやすい人を見つけることが治療を進める上で大切です。