ドクター

躁鬱病と呼ばれていた双極性障害|深刻なストレスに立ち向かおう

気分障害のひとつです

悩む婦人

そうとうつを繰り返す病気

双極性障害とは、一般的に躁うつ病とも呼ばれます。うつ病は、憂鬱や不安などのうつ状態がずっと続くものですが、双極性障害はうつ病の症状と一緒にうつと対極であるそう状態も現れ、うつとそう状態を繰り返す病気です。双極性障害はうつ状態と共にそう状態の程度が重要です。一般的に誰でも楽しいことがあれば嬉しい気持ちや明るい気持ちになりますし、スポーツの観戦中などでも興奮したりテンションが上がることがあります。しかしそう状態の人は、そういった特別なことがあるのではなく、気分が高揚した状態がずっと続きます。その異常なテンションが治まることがなく興奮状態が続き、休まずに動き回ったり、睡眠をとることもできず、時に日常生活を普通に送ることが困難になったり、対人関係などにも影響を及ぼすようなそう状態になると、病院で入院をしないといけなくなってしまいます。こういった激しいそう状態と、うつ状態が繰り返し起こる双極性障害を双極1型障害といいます。軽いそう状態とうつ状態が繰り返される症状は双極2型障害と呼んでいます。この病気は病院での治療をしなければ、そう状態とうつ状態が繰り返し起こり、そのために日常生活が送ることが出来なくなったり、社会的信用を失う・人間関係が崩壊してしまうなど、その人の人生を大きく狂わしてしまいかねないことが起きてしまいます。そうならないためにも、神経科などの病院を受診して、早めに薬物療法をすることが重要です。患者と家族・医師が手を取り合い治療することで改善が可能な病気なのです。

しっかりと治療をしよう

双極1型障害では、そう状態の時に睡眠をとることもなく動き回ったり、ずっとしゃべり続ける、体を動かし続けるなどの行動が現れ、患者本人はもとより、周囲の人にも迷惑がかかりやすくなります。やる気はあるのに集中力が続かず、仕事や勉強の能力は低下します。また、気分の高揚によりケンカ早くなったり、法的に問題のあることをしてしまうこともあります。興奮状態が続き頭の中が忙しく動いているため、無謀なことをはじめてしまったり、いろいろなことに手を出すものの失敗して社会的信用を失うなど、周囲とのトラブルが起きやすくなります。周囲ではおかしい、異常であると思われていても本人に自覚症状がないため、非難されている気分になったり、被害妄想に陥ることもあります。そう状態が過ぎ去るとうつ状態という状況を繰り返し、うつ状態になると今までハイだった気分から一気に憂鬱にやる気や疲労などが押し寄せてきます。そう状態では自分の症状に気が付かない人も、うつ状態になると具合が悪く気分が落ち込んでしまうため、病院を受診するきっかけになるのはうつ状態の場合がほとんどです。双極性障害は、薬物療法により改善が期待でき、きちんと治療することによりそう状態を抑え日常生活を普通に送ることができるようになります。双極性障害は心だけの病気ではありません。専門の病院で薬物療法と共に心理療法などを行うことが必要です。病院での治療のほか、規則正しい生活やバランスのよい食事を摂ること、適度な運動をすることも双極性障害の治療に役立つことがわかっています。